0D757628-8F8B-4518-B5C0-77830BDDCC6B

何で子なし夫婦になったのか。

まず、私は子供嫌いではありません。
不妊治療中でもありません。
我が家の場合は経済力と年の差が理由で子供をつくらない選択をしました。

夫のKちゃんはフリーランスです。収入が良いときもあればない時もあります。
「少ない時」ではありません…「ない時」があるんです。

フリーランスなんて言うと聞こえはいいですが保証もなければ手当も付きません。

25日になれば給料が入る仕事でいてくれたらどれだけ良かったか…(心の声)

かといって私がそれを補える給料かと言われると全くそうではなく、これまた目ん玉飛び出るくらいの低収入ときたもんだ!!

ところで皆さん、自分の子供時代ってどんな生活レベルだったか覚えていますか?
私は豊かではないけど不自由ない生活を送ってきました。

習い事をして、夏には家族旅行、年に数回は夢の国に連れてってもらう、そして母親は専業主婦でした。

それが私の中で出来上がった子供にしてあげるべき標準の生活レベルになっているのです。

それを自分に置き換えたら…できません。

私はフルタイム勤務でお迎えは難しい。実家とも離れています。
義家族は高齢のため頼むのも気が引けます。
収入も安定しないため日々の暮らしで精一杯。
プラスαの贅沢はなかなかさせてあげられないことでしょう…

さらに言えば今の子供たちは習い事を複数掛け持ちオーダーメードのランドセルを当たり前のように背負っています。
昔と比べ生活格差が明らかになったように感じます。

でも女に産まれたからには子供が欲しい!!

そう思った時もありました。
でもそれって酷い自分勝手な行動だと気が付いたんです。

親が与える環境で子供たちは生きていきます。愛情はお金では買えないけど、お金じゃなきゃ与えられない愛情もあると思うんです。とくに子供に関してはそう強く感じます。

金銭的な理由で習い事や進学など、子供の可能性を潰すことはしたくありません。


Kちゃんはその日暮らしのフリーランスな上に20歳上です。そもそも子供が成人するまで働いてるのか?あまりにリスキーじゃないか?

そう考えた時、自分のエゴの為に子供はつくれないなと感じました。



それともう1つの理由はお互いの性格です。
Kちゃんはクリエイティブな仕事をしている事もあり、人との繋がりを大切にします。声がかかれば海外だろうがなんの躊躇もなく飛んでいくんです。

彼の仕事への情熱は何があっても変わらない事でしょう。私はそんなKちゃんの考え方が大好きです。

でも、子供ができたらその自由奔放な行動が許せなくなると思うんです。

「子供がいるのに!親としての自覚が足りない!!」

私はそう言いだし、きっとKちゃんを責めます


好きだった所が嫌いになって、険悪になっていく将来が想像できました。
2人の仲が悪くなってしまっては何の意味もないんです。

私の中で1番大切なのはKちゃんなのですから。

だから我が家には子供がいません。
今はこの生活に納得してるし、私達のベストスタイルだとも思っています。

(あくまで私個人の考えです。)



メインブログは毎日20時30分更新↓
 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


7E4C10E8-2E5D-4996-B83D-2CAE80084159

5E6F83F4-E1D0-481F-B01D-E491246C1FDA