続・変化して行く居場所

年の差夫婦の日常
続・変化して行く居場所…

最愛の人は他人。

楽しいけど…疲れる。

以前にも書きましたが
自分の居心地の良い居場所は
環境が変わるごとに変化して行きます。

数時間だけの実家の集まり…
久々に合えた肉親達…
賑やかで楽しいけど何だか落ち着かない…

私の居場所はここではない感じが強くて
心の何処かで早くお開きになるのを望んでしまう。

片道2時間以上かかる実家。
日帰りは時間的にタイトだったので
泊まって翌朝かえる予定だったのを変更してまで
Kちゃんの待つマンションに帰宅しました。

実家の整ったベッドよりも
2人でくっついて眠るベッドの方が
何倍も何百倍も

居心地がよくなっている事を再確認した
実家への帰省でした。



血縁関係もなければ
はじめは情もなかったのに
出会い、一緒に暮らして行く中で
生涯連れ添うパートナーになって行く。


今まで全く別の環境で生きて来た
他人同士が最愛の人になる…


これって奇跡ですよね!!

産み育ててくれた両親の元よりも

他人である最愛の人との方が
居心地の良い場所を築けるなんて
とても素敵で幸せな事だと強く噛み締めました。


最愛の人は他人

人の出会いって本当に不思議ですね。


変化して行く居場所。を読む↓

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
↑↑
フォローミー


コメント

タイトルとURLをコピーしました