本当にあった女社会の話3

女社会
本当にあった女社会の話3

時短、フルタイムそれぞれの立場。

先日、仕事の休憩中に起きた出来事。

私は洗面台で歯磨きをしていました。
そこに居合わせた3人の従業員。

子持ち勤務で時短のDさん、Eさん。
既婚子なしでフル勤務のFさん。
(※時短とは早番専属で短い時間しか

働けない条件付きシフトの人。
子持ち、扶養内の人が多い。)

狭い洗面台での何気ない会話…
嫌でも耳に入ります。

きっと賛否ある内容だと思いますが
かなりモヤモヤしたので書かせて下さい。



会話のはじまりはDさんでした。

年末って忙しくて本当に嫌にならない?
何かバタバタしててさ〜疲れる。


何となく空気を読んだEさんが

確かに何か忙しいよね〜師走って感じ!
でも実際、たいして忙しくないんだよね。
特に私達なんかさ!時短だし!笑


きっとEさんはFさんを何となく気遣って

話をボヤかしたんだと思います。なのに…

関係ないよ!時短とか!

忙しくて、くたくたになるから
年末になると辞めたくなる〜

この間、Fさんは一言も話さず
ただただ会話を聞いていました。

近くで聞いていた私は正直Dさんに

もの凄く腹が立ちました。

時短の2人は17時上がりで、

土日祝日は基本的に休みなので
一番人手が欲しい時にいません。
GW、お正月も休みです。

それと真逆でFさんはフル勤務。
朝も早出をし、当たり前に遅番をこなし
時短が帰った後の仕事は全て引き継いでいます。

大連休、年末年始もありません。

それを分かった上で、EさんはFさんの前では
仕事が忙しいなんて思っても言えないと

言葉を選んだんだと思います。

時短なんだから楽でしょ?とか
忙しい時居ないくせに!とか


こっちだって時短の前では言いません。
別に思ってもいません。
でもDさんの様に言われると

多少はそんな風に言いたくなってしまいます。

それをなんの気も使わず話し続けるDさん…
話す場所、相手を考えるべきではないかと

正直思ったし、もの凄く不快でした。

不快に思った理由はもう一つ。


Fさんはフル勤務な事もあり
かなりの仕事量を1人で任され消化しています。
Fさんだけに任せるのは酷では?と

見ていて思う程ですがそれでも不満を言わず

忙しいのは私だけじゃないですから…


と器の広い人なんです。


そんな良い人に対してなんの気も使えないDさん。

人によってキャパが違うので

Dさんにとっては今の勤務状態が
限界なのかもしれません…

でも日頃、自分が残した仕事の後片付けを

してくれている人に対して
もっと感謝の気持ちを持つべきでは?

と疑問に思った出来事でした…。

お互いの気遣いが一番大切。

皆さん、アパレル業に対して
どんなイメージを持っていますか?

売り場に立って接客する仕事

ってイメージが強いんじゃないでしょうか?

確かに一番はそれですが、
万全な状態でお客様を受け入れ接客するには
閉店後の仕事が大切です。


レイアウト

ディスプレイを見直し
売り場を整える

営業中に出来ない仕事は
閉店後に全て行います。

一番大変なのはセールの前日です。
本格的に準備が出来るのは閉店後です。

同業者の方なら分かると思いますが
人手が欲しいのってやっぱり夜なんです!
(開店前にやらせれば良いと言われそうですが
時短の人は子供がいる分

早出もしてもらえない場合がほとんどです。)


でも子持ちで時短勤務なら

夜残れないのは仕方ないです。


時短は仕事の愚痴も

言っちゃいけないのか??

そんな事言っている訳ではありません。

ただ、言っていい事、言っていい相手を

選んで欲しいんです。

思いやりを持ってお互い働いて行かないと
心の中で眠っていた嫌な感情が

芽生えてしまう場合もあるんです。

今回はFさんが優しかった為に平和に終わりましたが
気の強いスタッフなら


あなた時短でしょ?何言ってんの?
年末年始も休みでしょ?


と返した事でしょう。

女の職場は面倒な事で溢れています。


本当にあった女社会の話2を読む↓

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました