年の差夫婦へのリアルな質問。その10

年の差夫婦への質問
年の差夫婦へのリアルな質問。その16

年の差夫婦へのリアルな質問。その9はこちら↓

インスタグラムでいただいたお悩み相談。10

『ご両親に年の差婚を知らせてから今の関係を築けるまでのエピソードが知りたいです!』

両親に結婚を伝えた時と言うよりは
離婚してKちゃんと付き合い始めた時から

今に至るまでの両親との
エピソードになりますがご了承下さい。

まず離婚してから両親とは数年会わずに

暮らしていました。

合わせる顔もなかったし
実家のお世話になるなんて
申し訳なかったからです。

前回の質問でお答えした黒歴史時代を経て
母親とは少しずつメールで連絡を

取り合う様になり近況報告はしていました。

20才上のKちゃんと付き合い始めた事と、
一緒に暮らし始めた事を連絡した時


『受け入れるまで時間がかかる。』


と言われ両親とはまた距離を置いて
暮らす事になります。



ですが

いくら意地を張っていても
そこは親子…

結局お互いの事が心配です。

時間が経つにつれて再び連絡を

取り合うようになり
母とは外で会う事が増えました。

でも実家には帰らなかったので
父とは顔を合わせられないままでした。


そんなある日、母から


『お父さんの職場近くで会えない?
仕事上がりに3人で食事しよう?』


と連絡が来ました。

数年ぶりに父と会う機会が巡ってきたのです。



当日。
待ち合わせの場所に向かうと
父と母が2人で待っていました。

『…お父さん。

久しぶりになっちゃってゴメンね』

『…おう。』

私を見る父の顔。
笑ってるようで半分泣いてる様な…


日頃は眉間のシワがとれない堅物の父なのに。

愛しくて泣き出しそうな笑顔を見た瞬間
会わなかったこの数年の間

父がどれだけ私を心配し
どれだけ深い愛情をもっていたか

言葉を交わさなくても痛い程分かりました。

あの日の父の顔を今でも忘れられません。

自分勝手な行動を深く深く反省した出来事でした…



再び動き出した親子の時間。



その後は両親と旅行に行ったり

買い物に出掛けたりと
今までの時間を取り戻す様に過ごしていました。


数年後、Kちゃんと結婚し
認めてはもらえてないけど
結婚写真を撮ったのをきっかけに


『ゆき蔵が幸せならそれが正しい道だよ


と言ってくれる様になりました。

今だにKちゃんと両親はあった事がありません。

いつか会える時が来たら良いなと
思ってはいるけど、
両親に負担をかけたく無いので
自然の流れに身を任せてます。


これが今に至るまでのエピソードです。


思い返せば悲しい事もたくさんあったけど

今が幸せだから全部まとめて
良かったなぁ〜と思ってます。

この先もKちゃんと同じ位、

両親も大切にしていきたいと強く思ってます。



海より深い母の愛ー前編ーを読む↓

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました