年の差夫婦の夏休み ④

年の差夫婦の日常
年の差夫婦の夏休み ④

年の差夫婦の夏休み③はこちら↓

沖縄の自由は自己責任


改めて思った事があるんです。
沖縄には自由がまだまだ残ってるなって。


都内に住んでいると決まり事だらけです。
公共の場にいくと


禁止!禁止!禁止!


の文字ばかり。


沖縄な自己責任で自由に過ごせます。


好きに泳ぎたければ

無人ビーチに行けば良いし

心配なら管理されたビーチを利用すれば良い…
(ライフセーバーもいます)


でももし無人ビーチでケガをしたり

事故にあっても自分の責任です。
誰も助けてくれません。

自分で決めて行動したのなら

何も文句は言えないです。
それで良いと思うんです…。


都内の決まり事の多さに守られてる事も

たくさんあるけど…
時々息苦しく思います。

決められたルールから脱線した時の

責められ方や失敗した時の改善策の要求。


自分の事は自分で責任とるから

勝手にやらせてー!放っておいてー!
って逃げ出したくなります。



沖縄の海、ゴミ問題。

青い空
白い雲
眩しく光るビーチ

…に散乱した

ゴミ!
ゴミ!
ゴミ!

信じられない光景です。


沖縄の美しい海に不自然な色の人工物。
コンビニ弁当の器や空き缶、ペットボトル。
ビーチで騒いで飲み食いした

残骸があちこちに散らかっています。


きっとこの人達は海が好きなんじゃなくて
夏っぽい事をしてる自分達が

好きなんだな…
と感じました。


だって海が好きなら

白いビーチを守りたいですよね?
だったら絶対にゴミなんて残さない…
いや残せません!


花火大会に行った時も同じ事を感じました…
浴衣を着て、屋台の食べ物を買って

花火大会がスタートしたら
花火なんか見ずに携帯ばかりいじってる
自分達の写真ばかり撮ってる。


それって花火が好きだから

花火大会に来てるんじゃないよね?
夏っぽい事をしてる自分達を

演出する為に来ただけだよね?
そんな見栄っ張りな事って必要??


大好きだから足を運ぶし

興味ないなら行かない
それで十分だと思いませんか??

モラルもないし

心が乏しい…。
上っ面だけ豊かに見せて

中身は空っぽな行動にガッカリしました。


『そろそろ帰るよ〜』


私を呼ぶKちゃん。
手には捨てられていた

ペットボトルを持っていました。

Kちゃんも私も沖縄の海が大好きです。
だから目に付いたゴミへ自然と手が伸びます。

いつか移住したらビーチクリーン活動にも
参加できたら良いなと思っています。

それ以前にゴミ拾いの必要がない

ビーチになっていけたら一番ですね!



年の差夫婦の夏休み

年の差夫婦の夏休みを始めから読む↓

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました