年の差夫婦の夏休み ②

年の差夫婦の日常
年の差夫婦の夏休み ④

年の差夫婦の夏休み①はこちら↓

沖縄本島ビーチ巡り

今回、私達が行ったビーチは

・アポガマ
・木綿原ビーチ
・嘉陽ビーチ


です。自由に遊びたいので監視員さんが
いないビーチを選んで渡り歩きます。
(自然のままのビーチは危険な事も

たくさんありますのでくれぐれも自己責任で!)


恩納村にあるアポガマ。

シュノーケルにオススメなのは
恩納村にあるアポガマです!
非常に分かりずらい場所にありますが
シーズンの時期はスキューバの方達が
たくさん着替えてるので目印になります。


入り口からはビーチは見えません。
看板を信じ

茂みを抜けると…


ズンズンズン…


(・ω・ ))))))

そこには巨大な岩だらけの
不思議な空間が現れます。

全てが自然のままです。

巨大な空間の為、混雑する事もなく
関東の海水浴場とは全くの大違い!
場所も余裕で確保出来ます。

余談ですが、このビーチ外人さんが
めちゃくちゃ多いです!

米軍ファミリーなのかな?


あちこちで


『DAD!MOM!』


ヽ(・∀・ )ノヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

と叫ぶ子供達の声が聞こえてきて
海外にでもいる気分にさせられます。


アポガマの海の中は隙間という隙間に

巨大なウニ(ガンガゼ)や硬い珊瑚礁があり
うかつに手をつく事が出来ない程

豊かな自然に恵まれています。

波に漂いながらジッと水中を覗いていると

こちらの様子を伺っていた小魚や
カニ達があちらこちらから出てきます。

海草を食べたり、魚同士で喧嘩してたり…

水中の暮らしを垣間みる事が
出来てとっても楽しいです!

ですが、水深が5m程になる場所が

ポッカリと現れたり
急に潮の流れが逆になったりと
危険と隣り合わせです。

自己責任でシュノーケルするには

最高だと思います!
(お子様はライフジャケット必須かも!)

南国代表の魚イラブチャーも
泳いでましたよ!


読谷村にある木綿原ビーチ。



次に訪れたのが読谷村にある木綿原ビーチ。
こちらのビーチはシュノーケル向けではありません。


潜ってみるとほぼプールです。

市民プールで潜った時の感覚に
近いものを感じる系の海です。
(伝わる?沖縄の海あるあるじゃないですかね?)


真っ白な海底に真っ青な海水。

時々お魚が横切りますが海底には何にも無く真っ白。
珊瑚も無いのでお魚も必然的にいません。


ですが砂浜から眺めるには最高にキレイなので

散歩や磯遊びには最適かと思います。

私達もシュノーケルは諦めて

しばらく磯遊びに没頭していました。

砂浜をジー…っと眺めていると

小さな物体がたくさん動いています。

その正体はヤドカリ!

沖縄のビーチはヤドカリ☆パラダイスなんです!!
木綿原ビーチには小さいのから

大きいのまでたくさんいました。
写真のヤドカリはこの日に見つけた一番大きい子です。



人も少なく穏やかなビーチでした。

この日はワンちゃん連れのファミリーと
私達しかいませんでしたよ。


名護にある嘉陽ビーチ。


次に訪れたのが名護にある嘉陽ビーチです。
このビーチもシュノーケル向けではないですが
とにかく広大で大自然を味わえる場所です。

横には岩山

目の前には真っ青な海
(潜ると海藻がいっぱい)
遠くには小舟で釣りをする人…

時間帯によっては潮の満ち引きが
面白い様に分かります!

私達は昼間に訪れましたが
みるみる潮が引いて行って海と海の間に
突然、砂浜が出現していました。
自然の力って神秘的!!


太陽を体中に浴びて自然と深呼吸が出来る場所です。
ここでKちゃんが謎の行動に出ます…



自宅から持参した猫ちゃんの型を
おもむろに取り出し…

ザッザッ、ガポ…

ザッザッ、ガポ…
(いい年のオッサンが1人作業中。)


浜辺に砂の猫が大量発生!!


『インスタ映えってやつだね!』

とご満悦に写真を撮るKちゃんでした。


年齢や人目を気にせず

無邪気に変な事が出来るのって
凄くないですか??

Kちゃんのそう言う所スキです。笑



年の差夫婦の夏休み③はこちら↓
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

↑安いのに全然劣化しない!おすすめ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました