変化して行く居場所。

年の差夫婦の日常
変化して行く居場所。

実家が落ち着かない…

私はKちゃんが隣にいると
安心して眠れます。

これと言った会話はしなくても

Kちゃんの温かい体温を感じるだけで
ぐっすり眠れるんです。

Kちゃんが出張中でいない夜は

ベットが広くて何だか不安を感じます。

分かっているはずなのに

朝起きるといない事に淋しくなり
毎晩Kちゃんの夢を見ます。

実家で暮らしていた頃は
それはそれは快適で
なんの気も使わず伸び伸びしていました。


でも今では実家に帰ると

何となく居心地が悪くて
すぐにマンションに

帰りたくなってしまいます。

両親は喜んでくれるのに
滅多に帰らない親不孝な娘です。


実家でずっと使ってきた私のベット。
何だか落ち着かなくて

何十年も使ってたのが嘘みたいです。

昔は実家が私の居場所だったけど
今はKちゃんと住むこの狭いマンションが

私の居場所になったんだなと改めて思いました。

無意識に握られた手。

隣で眠るKちゃん。
寝ぼけながら私の名前を呼びます。

ゆき蔵〜
ゆき蔵ちゃん…


そのままゴソゴソと寝返りをし
無意識に私の手を握り締めます。

こんな小さな事で
幸せを感じさせてくれる
Kちゃんに心から感謝してます。

いつまでもこの幸せが

続いてくれたら良いのにな…

Kちゃんが本当に大切な分
失うのが怖くてたまらなくなる時があります。


春が来て…

また冬が来て…

あっという間に1年が過ぎ去ります。
時の流れが怖くて怖くてたまりません。


Kちゃん。

お願いだから
私が年老いるまで待って!
どんどん先に行かないで!


人生で一度だけ願いを叶えてもらえるなら
私の願いは決まっています。


神様お願いです。
他には何も叶わなくて良いから
Kちゃんと一緒に

私の生涯を終わらせて下さい。


もしこれが叶うなら
こんなに幸せな事はないし
他に何も望みません。


俺が死んだら良い人みつけて

再スタートしなよ。
ゆき蔵はまだ若いんだから。


そう言ってKちゃんは笑うけど
Kちゃんがいない人生なんて
私にとってはなんの価値もないんだよ。


本当に分かってないんだから!



夫婦の日常話を読む。↓

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

コメント

  1. アバター ゆみぞう より:

    インスタいつも見てます。ゆきぞうさんと名前も年も似てるから勝手に親近感を覚えてます。
    わたしも20歳上の大切な人がいるから、
    未来のことばかり考えてしまいますが、
    未来が怖くなるくらいの今の幸せに感謝します。
    突然のコメント、失礼しました。

    • ゆき蔵 ゆき蔵 より:

      コメント有難うございます!
      未来が怖くなる位幸せ…その通りです!
      その事に感謝しなくてはですよね。
      家庭内別居や旦那の悪口大会が多い中で幸せだって胸張って言えるのって本当にわずかな人だけなきがします!

タイトルとURLをコピーしました