交友関係をこじらせた話 8(完)

こじらせ話
交友関係をこじらせた話8

その7はこちら↓

人生は思い出づくり…(N姐さんのお言葉)

思い返せば私の学生時代のポジションは
いつも誰かの2番目で
仲の良い子がいない日は私の所へ来て
それ以外はついでみたいな扱いでした。

それでも仲間の輪から外れるのが
怖くて必死にその輪に依存していました。

その扱いは大人になってからも変わらず
私の中での
『友人関係』
は思い思われるような友情ではなく
辛くても離れられない歪んだ形になっていました。

N姐さんは言いました

『私はね…
人生は思い出づくりだと思ってるよ。
死ぬ間際に楽しい事がたくさん思い出せて
良い人生だったな〜って
自分が思えたらそれで良くない?
自分が楽しいと思えない状態を
無理して続ける意味が分からない。』

N姐さんと話してみて自分の考えを
改める事が出来ました。

そこから私は友人の断捨離を始めます。

何年も連絡をとってないのに未練がましく消せなかった
友人達のSNSや連絡先を全て削除し
今自分に必要な人達だけを残しました。

正直言うと
何年も会ってない友人達の近況をSNSで知ったりするのが
心の負担になっていたので、もう見なくて済むと思うと
もの凄く気が楽になりました。

(友人のSNSって見たくないのに見ちゃいませんか?)
私は強い人間じゃありません…
周りの目が気になるし自分の芯もぶれやすいです。

なのでN姐さんみたいに白黒ハッキリさせて
生きて行くにはまだまだ時間がかかりそうです。

でも少しずつ見習って自分の為にシンプルに
生きて行けたら良いなと思っています。

人を羨んで妬んだり、比べたり…
意味が無い張り合いはやめて

Kちゃんと仲良く夫婦生活を
送って行けたらと思います。

これにて
『交友関係をこじらせた話』
は完結です!

不器用な女子達の想いを少しでも
共感していただけたら嬉しいです。




交友関係をこじらせた話をはじめから読む↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 年の差恋愛へ

⬇⬇シェアしていただけると嬉しいです₍₍ (ง ´ω` )ว ⁾⁾

コメント

タイトルとURLをコピーしました