どろどろ… 昼ドラ展開の怪5

昼ドラ展開の怪
どろどろ… 昼ドラ展開の怪5

その4はこちら↓

RRR…着信あり…


この当時、S子との事が片付くまで
Kちゃんとはあまり会わない様にしていました。

なので空いた時間に電話が出来る様に
携帯をもう一台契約してもらい
二人の通話専用として
持たせてもらっていたのです。
(通話無料でかけ放題)

その契約書を実家に保管せず
自分のカバンに入れたままにしていた
Kちゃん…


後にこれが二人を恐怖に
突き落とします…

非通知着信…あり。


そんなある日。

二人の専用携帯に非通知での
着信がありました…

『非通知…?』

携帯の番号はKちゃんしか
知らないはずなので
イタズラ電話かと思い無視していると

数回のコールで
その着信は切れました。

その着信が切れて
またすぐに電話が鳴りました

今度はKちゃんからでした。
Kちゃんは慌てた様子で話し出します

『ゆき蔵!携帯の契約書が無いんだよ!
バッグに入れといたはずなのに!
絶対にS子が持って行ったんだ!』


私は
サー…っと
血の気が引くのを感じました。


『だからもし俺以外からの着信があったら
出ないようにして!』

Kちゃんの助言も虚しく…


既にS子は私とのコンタクトを
試みていたのです…

電話番号を手に入れたS子。

S子のターンが止まらない。



★その6に続く★

★その4はこちら★
にほんブログ村 恋愛ブログ 年の差恋愛へ

⬇シェアしていただけると嬉しいです₍₍ (ง ´ω` )ว ⁾⁾

コメント

タイトルとURLをコピーしました